WEB開発・スマフォ開発・受託開発のアイドリーム21

rss
お問い合わせ
業務アプリ・スマフォアプリ・受託システム開発のアイドリーム21はあなたの夢をかなえます

座談会

座談会4
第4回:あなたが思う良い会社

今回はWNさんの企画『あなたが思う良い会社』

外から見て会社がどうなのかというのを議論したいと思います。

①良い会社の定義とは

SM:働く環境が良い会社。

KT:風通しが良い会社。

MY:給料が多い会社。

OY:ストレスがなく働ける会社。

YN:悪い会社ではないことは良い会社とは言えない、(内からではなく)外から見て技術力が高いと言える会社。

WN:私は保障、手当てがいい会社。

②良い会社の定義について(詳細)

KT:(良い意味で)意見が言えたり、人と人とが触れ合える暖かい会社がいいと思いました。

MY:キチンと仕事の成果がお金という形で出る会社がいいと思う。

SM:(①で挙がっているものは全部含んだ上で)本人がやりたい仕事がちゃんとできる会社。研究できる環境や福利厚生がしっかりしている。育休がちゃんとあるなど。

OY:嫌なことがあった時などにきちんとフォローがある。例えばストレスがあった環境に身をおいている社員がいる時とかに環境を変えてあげられる会社。

WT:例えばあるサイトでは飲食店が点数で評価されている。そういう社会から評価される会社を目指す時の指標として技術力の高いということが評価に繋がる。外から評価される会社。

OY:技術力を高めてくれるような会社もいいと思う。

WN:自分が昔いたところは給料が安かった。給料が高いっていうのはやっぱり良い会社だと思う。

③(①+②)を実現するためには何をすればいいか

WN:働く環境が良い会社になるためにはどうすればいいでしょうか?

MY:風通しが良くなることがいいことだと思います。そのためには小さなコミュニケーションを重ねていく。

SM:給料を上がるために自社開発(単価の高い仕事)をする

KT:技術力って部分に対して勉強会とかあると技術力アップに繋がりますね。

OY:どういう環境(静かな環境、明るい環境など)でやりたいかの希望をあげてもらって決めてもらってやると良い会社になる。話し合いの場を増やすってことも大事、週報とかでも不満をもっとあげてほしい。

WN:書くほどの不満はないです。

YN:総括をお願いします。

WN:まとめると良い会社とは、給料が高くて技術力があって何度でも仕事を頼んでもらえるような仕事をして、人付き合いが気兼ねなくできる会社。

MY:結局は人それぞれ。こういう話し合いをすることで人の考え方を理解できたりすることで良い働きになればいいかなとは思う。